東京都目黒区、港区、渋谷区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)目黒ステーション

目黒ステーション
お問い合わせ
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日【電話番号】0120-418-916

ケアマネージャー様の声(「イリーゼ」介護支援専門員 渡邊謙)

KEiROWを利用し始めて、ご利用者様の変わったこと(良かったこと)は?

昨年の夏からKEiROWさんをご利用されている方で、ご利用前はずっと原因不明な下肢の痛みに悩まされていました。突発的な痛みがひどく、慢性的な痛みの継続が続いていたのですが、原因不明の痛みとむくみが軽減して、室内での移動が楽になり、日常生活動作の幅が広がったというお話をいただいています。
それから、イリーゼの老人ホーム施設で利用されている方では、施設の中での活動以外に、人と触れ合う機会があったほうがいいかなと思っております。
脳梗塞を起こされたかたは、血行促進意味においてもマッサージがいいかなと思います。

お仕事の内容は?

ケアマネージャーの仕事について、1年半過ぎたところになります。1ヶ月に一度モニタリングというものを行っています。お客様のご自宅に伺い、お客様の状態を確認しながら、来月の予定をお渡しし、サービスの調整を図っています。

お仕事にあたって大切にされていることは?

お客様、個人個人の違いがあるので、そのお客様にあったプランは何かを常に考えています。お客様の声、ご家族様の声を必ずひろい、それをプランにつなげて導くということを心がけています。

現在、何名様にKEiROWをご利用いただいていますか?

10名です。

お客様へマッサージのご利用をすすめるきっかけは?

介護保険では、訪問看護や訪問リハビリというものはあるのですが、血行促進や原因不明で色々な部分が痛いということになると、リハビリとかでなく、他の部分を考えます。そうしますと、医療保険で訪問できるということになると、一番いいのは訪問マッサージ思いまして勧めています。

ケアマネージャーの仕事にとってのメリットは?

マッサージの先生ですと、お客様と一対一でコミュニケーションなので、とても密な情報をいただくこともあり、情報共有という意味でも助かっています。
たとえば、2か所のデイサービスに通っているお客様から、一か所はとてもいい、もう一か所は、大きいデイサービスなのであまりしっくり来ていないという世間話のような悩みから、何回か訪問マッサージを重ねることで、もう一か所は変更したいという本音の部分をお話してくれるお客様もいらっしゃいます。そうした情報がケアマネにあがってくることがあります。
マッサージ先生は、お客様との身体にふれあいながらのコミュニケーションで、安・楽という部分も含むので、そこから色々な話に広がりやすいと思います。
マッサージの先生は色々な情報をお持ちなので、気づいたことは何でも私にお話してくださいね。と声掛けをしています。
モニタリングでご自宅へ訪問する時も、わざとマッサージの時間帯と少しかぶるように訪問し、コミュニケーションを図ることもあります。

ケアマネージャーとしてお仕事が変わった点は?

介護保険と医療保険とは別なので、KEiROWさんを通じて、お医者様とのかかわりが増えたと思います。同意書を書いていただいたお医者さまで、効果を確認されてくる方もいらっしゃいます。
訪問看護とデイサービスに行っている方で、その間の空いている時間に、訪問マッサージさんに入っていただいたりしています。訪問看護側から、最近足の動きが悪くなっているという報告があれば、そのお話を訪問マッサージさんに伝えますという連携もとれるので、そうした部分も大きな要素になっています。
それから、介護保険で枠がいっぱいになっていると、医療保険しかありません。リハビリを利用したいという方へ、訪問マッサージを利用したりというように利用しています。

当サービスにおいて期待していることは?

この業界の事業の発展があってもいいかなと思います。事業が発展することによって、色々な連携がとれると思います。

取材日:2013年7月22日(月) /所属:有料老人ホーム「イリーゼ」居宅介護支援事業所 介護支援専門員